自分で運輸支局へ行き、必要な書類をそろえて永久抹消登録するときに必要な手続きを解説します。

自分で永久抹消登録(解体)をするために必要な手順

※このページでは自分で永久抹消登録の手続き(解体・スクラップの場合)をする方法を解説しています。

>>滅失・用途廃止による永久抹消登録についてはこちら

解体による永久抹消登録の手続きを進める手順は、大まかに以下の3つのステップになります。

永久抹消登録の流れ

  1. 廃車業者に車を引き渡す
  2. 廃車手続きに必要な書類を準備する。
  3. 解体業者から「解体報告記録がなされた日」の連絡を受ける
  4. 運輸支局で廃車の手続きをする(廃車完了)

それぞれ具体的に説明しましょう。

ステップ1:引取り業者に車を引き渡す

解体による永久抹消登録は車を解体してまだ使える部品とそうでない部分を分別し、使えない部分は鉄くずとしてしまう廃車方法です。

次に続くステップ2,3を経て運輸支局での公的な手続きが完了する廃車手続きが完了するわけですが、まず最初のステップは「その車をもう既に適切に解体しましたよ」ということを証明してもらうことです。

車の引取りは、自動車販売店(ディーラー)、中古車販売店、自動車整備工場などが対応してくれます。

これらの業者に頼んで、廃車にしようとしている車を引き取ってもらうのが最初のステップになります。

業者に車を引き渡すと、「使用済自動車引取証明書」が発行されます。
この書類によってこの車をもう既に処分したということが証明されることになります。

尚、使用済自動車引取証明書には解体日とリサイクル券の番号などが記載されています。

そしてもうひとつ、自動車に取り付けられていたナンバープレート2枚を受け取ります。

ステップ1のまとめ

  • 車を業者に引き渡す
  • 使用済自動車引取証明書を発行してもらう
  • ナンバープレート2枚を受け取る

ステップ2:廃車手続きに必要な書類を準備する

このステップでは、次のステップ「運輸支局で手続きをする」に必要な書類の準備をします。

廃車手続きに必要なものを次の表にまとめました。

名称 概要 入手場所
自動車検査証
(車検証)
その車の車検証 各自準備
使用済自動車引取証明書 リサイクル券の下半分の部分です。
ステップ1で業者に自動車を引き渡した際に発行される書類
(軽自動車の場合、「軽自動車税納税証明書」になります)
業者
ナンバープレート2枚 ステップ1で業者に車を引き渡すと使用済自動車証明書と同時に今まで取り付けてあったナンバープレート2枚が取り外され渡されます。 業者
リサイクル券 2005年1月1日に施工された自動車リサイクル法により義務付けられた自動車リサイクル料金を支払った証明となる書類。
2005年以降に購入した新車の場合は新車購入時、それ以外の場合は車検を受けた時にリサイクル券が発行されています。
もし、今まで車検切れのまま放置していた車の場合は廃車にするタイミングでリサイクル料を支払う必要があります。
各自準備
所有者の実印 その自動車の名義人の実印 各自用意
所有者の印鑑証明書 印鑑証明書 市役所・区役所など

※次の場合には上記の資料以外に次の資料が必要になります。

車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合

名称 概要 入手場所
住民票 車検証の住所と現住所(印鑑証明書に記載された住所)までに住所変更が1回だけの場合は住民票が必要です。 住所地の市役所・区役所など
戸籍謄本の附票 車検証の住所と現住所(印鑑証明書に記載された住所)までに住所変更が2回以上ある場合は「戸籍謄本の附票」が必要です。 本籍地の市役所・区役所など

ステップ3:運輸支局で廃車の手続きをする(廃車完了)

これが最後のステップです。

これまでのステップで準備した書類を持って陸運支局で廃車の手続きを進めてください。

名称 概要 入手場所
永久抹消登録申請書 永久抹消登録を申請する用紙 陸運支局
手数料納付書 手続きに必要な手数料を納付するための書類 陸運支局
自動車税・
自動車取得税申告書
運輸支局で名義変更、廃車手続き、住所変更など行う際に、各都道府県の税事務所に対してもその内容を申告する為に必要となる書類 税事務所
(陸運支局に隣接)

陸運支局では申請書、手数料納付書の記入が必要になりますが、担当窓口で親切に書き方を教えてくれますのでそれに従って記入すればそれほどむずかしいものではありません。

書類の記入が終わり、提出したら、最後はナンバープレートの返納です。
各陸運支局の返納窓口にいってナンバープレートを返納して下さい。

これで永久抹消登録の手続きが完了です。

手続きが完了すると、その証明として「抹消登録証明書」が発行されます。
この書類によりこの車が廃車(永久抹消登録)されたことが証明されます。

※軽自動車を廃車にする場合は「軽自動車検査協会内」で手続きをする必要があります。運輸支局ではありませんので間違わないようにして下さい。

どんなに古くてボロボロな車でも、買い取ってくれるサービスがあるの知ってます?

Copyright © 2010-2013 廃車手続きガイド All right reserved.