盗難、災害などで車が無くなった場合や、自動車としての用途を廃止し倉庫などとして再利用する場合の永久抹消登録手続きを解説します。

自分で永久抹消登録(滅失・用途廃止)をするために必要な手順

※このページでは自分で永久抹消登録の手続き(滅失・用途廃止)をする方法を解説しています。

>>解体による永久抹消登録についてはこちら

災害や盗難などにより自動車が滅失(無くなってしまった)したり、車としての用途を廃止し運行目的以外での再利用(倉庫など)するなど、自動車を解体せずに自動車としては永久に使用しない登録抹消の方法です。

尚、滅失・用途廃止による永久抹消登録をした車は海外へ輸出する事ができますが、その場合は運輸支局から輸出抹消仮登録証明書の発行を受ける必要があります。

滅失・用途廃止による永久抹消登録の手続きを進める手順は、大まかに以下の2つのステップになります。

  1. 廃車手続きに必要な書類を準備する
  2. 運輸支局で廃車の手続きをする(廃車完了)

それぞれ具体的に説明しましょう。

ステップ1:廃車手続きに必要な書類を準備する

運輸支局で手続きをするのに必要な書類の準備をします。

滅失・用途廃止による廃車手続きに必要な書類を次の表にまとめました。

名称 概要 入手場所
永久抹消登録申請書 永久抹消登録を申請する用紙(第3号様式の2) 陸運支局
手数料納付書 手続きに必要な手数料を納付するための書類
永久抹消登録手数料は無料。
陸運支局
自動車税・
自動車取得税申告書
運輸支局で名義変更、廃車手続き、住所変更など行う際に、各都道府県の税事務所に対してもその内容を申告する為に必要となる書類 税事務所
(陸運支局に隣接)
永久抹消を確認する書面 滅失の場合 罹災証明書 消防署
用途廃止の場合 当該自動車の写真及び申立書
(用途廃止された旨及び使用目的を記載)
陸運支局
自動車検査証
(車検証)
その車の車検証 各自準備
ナンバープレート2枚 今までその車に取り付けてあったナンバープレート2枚。 業者
所有者の実印 その自動車の名義人の実印 各自用意
所有者の印鑑証明書 印鑑証明書 市役所・区役所など

※次の場合には上記の資料以外に次の資料が必要になります。

車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合

名称 概要 入手場所
住民票 車検証の住所と現住所(印鑑証明書に記載された住所)までに住所変更が1回だけの場合は住民票が必要です。 住所地の市役所・区役所など
戸籍謄本の附票 車検証の住所と現住所(印鑑証明書に記載された住所)までに住所変更が2回以上ある場合は「戸籍謄本の附票」が必要です。 本籍地の市役所・区役所など

ステップ2:運輸支局で廃車の手続きをする(廃車完了)

必要な書類が準備できたら、それらを持って陸運支局で廃車の手続きを進めてください。

陸運支局では申請書、手数料納付書などの記入が必要になりますが、担当窓口で親切に書き方を教えてくれますのでそれに従って記入すれば大丈夫です。

書類への記入が終わり、提出したら、最後はナンバープレートの返納です。
各陸運支局の返納窓口にいってナンバープレートを返納して下さい。

これで手続きが完了です。

手続きが完了すると、その証明として「抹消登録証明書」が発行されます。
この書類によりこの車が廃車(永久抹消登録)されたことが証明されます。

どんなに古くてボロボロな車でも、買い取ってくれるサービスがあるの知ってます?

Copyright © 2010-2013 廃車手続きガイド All right reserved.