永久抹消登録をするのに掛かる費用について、自分で行う、業者に依頼する、行政書士に依頼するの3つを比較します。

永久抹消登録に掛かる費用

永久抹消登録(いわゆる廃車)をするのにいくらくらいの費用が掛かるのでしょうか?

ここでは自分一人でやる、車業者(新車・中古ディーラー、自動車整備工場など)に依頼する、行政書士に依頼するの3パターンで比べてみました。

自分でやるのと業者に依頼する場合を比べてみると・・・

  自分ですべてやる場合 車業者に依頼する場合
引取り代金 0円~15,000円程度
(自走で解体業者に持ち込めば基本的にゼロ円、ただし、自走できない車はレッカー代として~15,000円くらいを目安に)
0~15,000円程度
解体費用 0円~30,000円程度 0円~30,000円程度
リサイクル料金 (7,000円~20,000円程度)
※2005年以降に購入した新車、もしくは、一度でも車検を受けていれば既に支払っているお金です。
※車種・排気量によって金額が異なります。
(7,000円~20,000円程度)
永久抹消登録申請書 40円程度
(運輸支局で購入)
40円程度
申請手数料 永久抹消登録は無料 永久抹消登録は無料
廃車代行費用 - 0円~10,000円程度

解体費用に大きな差があるのはなぜ?

「0円~30,000円とか、差が大きすぎて目安にならないじゃないか!(怒)」

・・・と、お感じになる方もいらっしゃるでしょう。

実は、自分でやる場合も、業者に依頼する場合も「この引き取った車をその後どう扱うことができるか?」ということが原因で、解体に必要な費用に大きな開きがでてきてしまうのです。

具体的に説明しましょう。

引き取られた車は、自動車リサイクル法の定めによりフロン類の回収がされ、その後バラバラに解体されることになります。

この段階で、パーツとして再利用できるものは丁寧に取り外され国内の修理工場などに再販されたり、海外へ輸出されたりします。残りはスクラップにより“鉄くず”になります。

鉄くずは鉄を買い取る専門業者が買い取っていき、その鉄は形を変えいずれリサイクルされることになります。

さて、ここで金額に開きがある2つの理由について。

再利用できるパーツがたくさんあるような車は、引き取った後でも価値がある(再販できる)ので、車を引き取った解体業者は再販で利益を出せるので安い金額で解体しても問題ないのですが、価値がない車についてはどうしても高めの費用をもらわないとできない・・というのが一つ目。

そして解体業者の考え方でも違いがでてきます。
先ほど、再利用できるものとそうでないものを分別すると言いましたが、業者によってはほぼ丸ごとスクラップにしてしまうところもあります。

分別すれば再販できるパーツがたくさんあっても、そのままスクラップにしてしまえばただのゴミ。鉄くずです。こうなってしまっては車の程度の善し悪しに関わらずスクラップ後に全くお金を生み出さないので解体にかかるお金は必然的に高くなってしまいます。

もうひとつ、鉄相場の大暴落も原因の一つです。

今から数年前の2008年半ばくらいまでは、解体業者さんはどんなに年式が古くても、動かなくても、不動車であっても2,3万円で買い取ってくれました。今は残念ながら良くても「無料で引き取る」が精一杯といったところでしょう。

その原因は鉄クズの買取り価格が大暴落してしまったからです。なんと一番良かったときの15%くらいまで鉄くずの価値が落ちてしまったのです。(金額に換算すると、仮に今まで鉄くずだけで100万円で取引されていたのが、暴落の影響で同じ重さでも15万円くらいになってしまったということです)

このようなことが原因で、解体に掛かる費用には差が出てきます。

解体による永久抹消登録をするときには必ず車を解体してもらわなければ手続きが完了しません。
ですから、自分で解体業者を探すにしても、業者さんに依頼するにしても、複数のところから見積もりをとって比べてみるのがベストです。

引取り代金は自走できるかどうかがカギ

車を引き取ってもらうとき、その車が自走できれば何も問題はありませんが、もし自走不可能な車であればレッカー車など牽引が必要になります。

このなってしまうと引取り代金も掛かってしまうことになります。
レッカー代金は基本的には距離によって決まることが多いですが、レッカー車が入れないような場所に置いてあるなどするとそれだけ手間が掛かってしまうことになり金額がふくらんでしまう可能性が高くなります。

自走できるか?ということですが、事故車・故障車のようなエンジンが掛からないものは当然ですが、車検が切れている車も公道をを走ることはできません。この場合もレッカーが必要になります。

どんなに古くてボロボロな車でも、買い取ってくれるサービスがあるの知ってます?

Copyright © 2010-2013 廃車手続きガイド All right reserved.