所有者が死亡した場合、車は遺産となりますが書類さえ整えば代理人の手によって廃車にすることが可能です

車の所有者が亡くなってしまった時の廃車方法

車の所有者、つまり車検証に書かれた名義人が死亡してしまった場合の廃車手続きについて説明します。

所有者がお亡くなりになった場合、その車は遺産として扱われることになります。
銀行の預金や、土地、証券などが権利のある人に遺産相続されるのと同じように車も遺産相続の対象になります。

このため所有者が死亡された場合は、名義変更するときも廃車にするときも「遺産分割協議書」に相続権を持つ人全員の実印を押印し印鑑証明書を添付する必要があります。

また、亡くなった所有者と廃車申請をする方の関係を証明するための戸籍謄本と、所有者が亡くなったことを証明するための除籍謄本も必要になります。(但し、戸籍謄本に所有者の死亡が明記されている場合は除籍謄本は必要ありません)

そして最後に、遺産分割協議書によりその車を相続した親族の方が新しい名義人になりますから、その方が廃車の申請をすることになります。手続き自体は代理人が担当されても問題ありません。

所有者が死亡した場合の廃車手続きに必要な書類

遺産分割協議書 相続権のある方全員の実印の押印と、全員の印鑑証明書が必要です。
戸籍謄本 死亡された名義人との親族関係を証明するために必要。
(戸籍謄本は本籍地の市役所・区役所の戸籍係で請求できます)
除籍謄本 名義人が死亡していることを証明するために必要。
(これも本籍地の市役所・区役所の戸籍係で請求できます)
実印 この車を相続し、新しく所有者となった方の実印
(遺産分割協議書で決められた方です)
印鑑証明書 実印の印鑑証明書です。(現住所の市役所・区役所で取得できます)

ここでは死亡されている場合に特別に必要な書類だけをピックアップしています。
その他の通常の廃車手続きについて以下のページを参考にして下さい。

尚、遺産相続については複雑な問題が起こる場合がよくあります。

最も良くあるケースは遺産分割協議書を作成したいと思っても、連絡を取ることができない親族がいるということです。こうなってしまうと車だけでなく預金、土地、家屋などもっともっと大きな遺産相続の問題も解決することができなくなってしまいます。

そして、素人ではやっかいな相続税の計算もあります。

ですからもし自分たちだけではスムーズに問題がクリアできない場合には行政書士、司法書士、税理士という専門家のチカラを借りることも視野に入れるべきかもしれません。

どんなに古くてボロボロな車でも、買い取ってくれるサービスがあるの知ってます?

Copyright © 2010-2013 廃車手続きガイド All right reserved.